事業者向け【コロナショック後の金融機関との上手なつきあい方】

事業者向け【コロナショック後の金融機関との上手なつきあい方】



2020年末から2021年春にかけて、2回目の「新型コロナ融資申請ラッシュ」が、
かなり高い確率で始まると予想されます。


事業者のみなさん、今のうちから準備できることを行いませんか?

いつもは税理士をはじめ資金繰りのプロフェッショナルを前に話すヒガシカワが、
今回あらためて事業者のみなさんに向け、
「2回目のコロナ融資を確実に借りる」ためのノウハウを直接お伝えする
セミナー動画です。


2020年3~6月に起こった、1回目のコロナ融資申請ラッシュ。


100万社以上の中小企業が、この時期に融資を申し込んでいます。
ひと息つけた経営者も多いでしょう。


しかし、2021年度に入り、資金繰りが苦しい経営者が今、とても増えているのです。
2回目のコロナ融資が、1回目ほどスムーズにおりないのが問題。

なぜなら、1回目のコロナ融資ではスピードを重視していたため、
「要件(前年同月比売上が5%~20%以上減少)さえ満たしていれば…」と、
公庫や保証協会の審査が甘くなりがちだったからです。
    
2回目のコロナ融資では前回より金融機関も人員を整え、
しっかり審査をするため(売上減少は本当に新型コロナの影響なのか? など)、
そう簡単には通りません。

事実、2020年10月に入って、かなりの中小企業が追加融資を断られています。
また、2020年の年末から2021年春にかけて、2回目のコロナ融資申請ラッシュが起きるでしょう。

初回のコロナ融資のときのように審査待ちが長くなって融資実行までに時間がかかり、
資金繰りに支障を来す企業が増える可能性があります。

「借りたいときに借りられない状況を避ける」ために今後、
「2回目のコロナ融資を確実に借りるために中小企業が行っておくべきこと」について
東川が事業者向けにお伝えいたします。



●動画内容

(1)コロナショック後の金融機関を取り巻く環境
(2)現在募集中の主なコロナ融資について
(3)新規取引に積極的な金融機関と取引するには
(4)2回目のコロナ融資における金融機関のチェックポイント
(5)2回目のコロナ融資をスムーズに借りるために行っておくべきこと

●講師:東川 仁
融資コンサルタント協会 代表理事/中小企業診断士

●添付資料:「コロナショック後の金融機関との上手なつきあい方 セミナー受講用ノート」

●時間:約180分

事業者向け【コロナショック後の金融機関との上手なつきあい方】/動画&テキスト

価格: ¥7,700 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

メルマガ登録

facebook

 
  • 今日
  • 定休日
  • サーバーメンテナンス作業

【夏季休暇のお知らせ】

2021年8月7日(土)~2021年8月15(日) を夏季休業期間とさせて頂きます。 ご不便をおかけしていたしますがご了承の程何卒よろしくお願い申し上げます。

モバイルサイト

ページトップへ