「元気なうちに」「生前中に」、高齢者マーケットの川上からおさえる

相続・遺言・後見の見込み客と出会えるきっかけ作りセミナー



相続・遺言・後見などの高齢者マーケットは膨らむばかり。

しかしサポートする士業・コンサルタントの側が「待ちの姿勢」だったり、
営業しても「他者と契約済み」と断られることも多いでしょう。

なぜなら、高齢者サポートビジネスの競争が激化しているからです。

そこでおすすめしたいのが「相続・遺言・後見の見込み客と出会えるきっかけ作りセミナー」。
講師は、相続案件だけで年間100件以上、相談だけなら300件以上獲得している行政書士・藤本忠相さん。

これまで行ってきたセミナーでも実に多くの受講者を集めてきたのには、理由があります。
さらに今回はそれらに加え、相続の流れの「川上」から顧客を確保しておく方法をお知らせします。



●カリキュラム

1.これからは「亡くなる前」からサポートする時代
→「自動的に」紹介が来る仕組みは作れる など

2.相続・遺言・後見の相談が発生する【12の場所】
→12の場所と各キーパーソン
→各案件の発生場所 など

3.見込み客に会うための簡単アプローチ法-「ハブ営業」
→「ハブ営業」とは
→誰がテレアポを行う? など

4.介護施設への具体的なアプローチ法
→介護施設の事情と課題
→担当者に確認する3項目 など

5.コロナの影響を受けにくい見込み客の増やし方-「家系図営業」
→「家系図営業」とは
→見込み客が増えていく など

6.相続・遺言・後見に関する「自分の」得意分野は?
→自分の得意分野を言語化し、周りに伝えよう

7.相続・遺言・後見案件をスムーズに獲得するためのコツ
→紹介者と会った時に気を付ける3項目
→案件獲得の5カ条 など

8.もっと介護業界との連携を
→士業同士の連携
→介護業界の困りごとを解決 など

9.相続・遺言・後見案件が獲得しやすくなる営業ツールとは?
→藤本講師が現場で実際に使う営業ツールを公開


●講師:藤本 忠相
さくら行政書士法人 代表社員/行政書士
2004年、独立開業。当初は建設業等の許認可を中心に顧問数を増やすが、相続や遺言、任意後見など高齢者からの要望が高まり、誠実に応えてきた。2016年「さくら行政書士法人」として法人化、現在は3名の行政書士を抱える奈良県奈良市の本店および近鉄奈良支店を率いる代表社員として奮闘中。年間の相続サポート実績は100件を超える

「相続や遺言は、みなさん人生をかけて相談に来られます。単なる手続きではありません。相談者の、言葉にできない想いを理解し共有した いんです」。(藤本忠相講師)


●時間:約150分

相続・遺言・後見の見込み客と出会えるきっかけ作りセミナー/動画&テキスト

価格: ¥9,900 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

関連商品

メルマガ登録

facebook

 
  • 今日
  • 定休日
  • サーバーメンテナンス作業

モバイルサイト

ページトップへ